クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
CAR
share:
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します

ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Automobili Lamborghini S.p.A.

  • ウラカン クーペ 2014:ウラカンLP 610-4は2014年のジュネーブモーターショーで初公開された
  • ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー:スポーツ性能を重視して設計されたウラカンの最初のモデル
  • ウラカン ステラート:スーパースポーツカーの「Fun to Drive」要素を予期せぬ地形でも実現するために生まれた
  • ウラカン クーペ LP610-4:610ps/8250rpmを発揮するV10エンジンを搭載
  • ウラカン クーペ LP610-4:610ps/8250rpmを発揮するV10エンジンを搭載
  • ウラカン スパイダー LP610-4:4輪駆動で、ランボルギーニLDF(デュアルクラッチシステム)を初めて採用
  • ウラカン スパイダー LP610-4:4輪駆動で、ランボルギーニLDF(デュアルクラッチシステム)を初めて採用
  • ウラカン LP580-2 RWD:後輪駆動バージョンのウラカンクーペとスパイダーは、「Fun to Drive」を目指して2016年に登場した
  • ウラカン LP580-2 RWD:後輪駆動バージョンのウラカンクーペとスパイダーは、「Fun to Drive」を目指して2016年に登場した
  • ウラカン:氷上でのドライブ
  • ウラカン ペルフォルマンテ:エンジンは30ps向上し、8000rpmで640ps、6500rpmで600Nmのトルクを発生
  • ウラカン ペルフォルマンテ クーペ:エンジンは30ps向上し、8000rpmで640ps、6500rpmで600Nmのトルクを発生
  • ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー:スポーツ性能を重視して設計されたウラカンの最初のモデル
  • ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー:スポーツ性能を重視して設計されたウラカンの最初のモデル
  • ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーのコクピット
  • ウラカン ペルフォルマンテのALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)システム
  • ウラカン EVO:エンジンは640ps/8000rpm、600Nm/6500rpmのトルクを発生
  • ウラカン EVO:エンジンは640ps/8000rpm、600Nm/6500rpmのトルクを発生
  • ウラカン EVO:エンジンは640ps/8000rpm、600Nm/6500rpmのトルクを発生
  • ウラカン EVO スパイダーとクーペ:外観とメカニズムの両方が全面的に刷新された
  • ウラカン EVO スパイダーとクーペ RWD:外観とメカニズムの両方が全面的に刷新された
  • ウラカン EVO スパイダーとクーペ RWD:RWDをより俊敏で楽しいものにするために、LDVIを使用せず、代わりにP-TCS(パフォーマンス・トラクションコントロールシステム)を開発
  • ウラカン STO:STOはスーパートロフェオ・オモロガータの頭文字
  • ウラカン STO:ランボルギーニ・スーパートロフェオ選手権に参戦するレースバージョンから直接派生した、サーキット走行用に作られたロードバージョン
  • ウラカン テクニカ:8000rpmで640psのパワーを発生するエンジンを搭載
  • ウラカン テクニカ:EVOモデルと比較してダウンフォースが35%増加した
  • ウラカン テクニカ:8000rpmで640psのパワーを発生するエンジンを搭載
  • ウラカン ステラート:SUVの特権である地形にスーパースポーツカーを持ち込むというアプローチで誕生した
  • ウラカン ステラート:スーパースポーツカーの「Fun to Drive」要素を予期せぬ地形でも実現するために生まれた
  • ウラカン ステラート:SUVの特権である地形にスーパースポーツカーを持ち込むというアプローチで誕生した
  • ウラカン STJ:STOをベースとした限定モデル
  • ウラカンのラインアップが集合
  • ウラカンのラインアップが集合
  • ウラカンのV10エンジン
  • ウラカンの「フォロー・ミー」は航空機の誘導車
  • ウラカンGT:ランボルギーニのワンメイクレース「スーパートロフェオ」のGTマシン
  • ウラカンGT:ランボルギーニのワンメイクレース「スーパートロフェオ」のGTマシン
  • ウラカン スーパー トロフェオ::ランボルギーニのワンメイクレース「スーパートロフェオ」のGTマシンは進化し続けている
  • ウラカン ポリツィア:警察車両として活躍している
  • ウラカン STO 10 アニヴェルサリオ:モータースポーツ部門のスクアドラ・コルセ10周年を記念したモデル
  • ウラカンの進化と革新の10年を振り返る

ウラカンのテクノロジーと革新の物語

2014年のジュネーブモーターショーで発表された「ウラカン」は、ランボルギーニにとって一貫した進化の象徴であり、長年にわたって顧客のドライビング体験の限界を押し広げてきました。最初の「LP610-4」から「STJ」まで、ウラカンの技術的な進化の過程を見ていきます。

2014 ウラカンLP610-4:”本能的テクノロジー”

2014年のジュネーブモーターショーで初公開されたウラカンLP610-4は、610ps/8250rpmを発揮するV10エンジンを搭載していた。4輪駆動で、ランボルギーニLDF(デュアルクラッチシステム)を初めて採用したモデルである。走行モードはストラーダ、スポルト、コルサから選択できる。カーボンセラミックブレーキディスクと電磁制御システム付きマグネライドショックアブソーバーを装備し、ランボルギーニで初めてダッシュボードに11インチクラスターのデジタルディスプレイを搭載した。2015年にはスパイダーのコンバーチブルバージョンが発表されている。

2016 ウラカン LP580-2:”楽しめるテクノロジー”

後輪駆動バージョンのウラカンクーペとスパイダーは、「Fun to Drive」を目指して2016年に登場した。このモデルは、速さを求める伝統的なドライバーのために設計されているが、限界までプッシュすることなく、のんびりと運転を楽しむためのクルマでもある。このウラカンは、8000rpmで580psを出力するエンジンを搭載している。フロントマスクとエアインテークが美的に変更され、リアブレーキは冷却効果を高めるために大型化されている。

2016 ウラカン ペルフォルマンテ:”風によって彫刻された車”

ウラカン ペルフォルマンテは、スポーツ性能を重視して設計されたウラカンの最初のモデルである。エンジンパフォーマンスは30ps向上し、8000rpmで640ps、6500rpmで600Nmのトルクを発生する。ペルフォルマンテでは、軽量化が主な目標のひとつであり、フォージド・コンポジット(強化カーボンポリマーを鍛造で接合したもの)をエクステリアとインテリアに多用することで、40kgの軽量化を実現した。ランボルギーニが特許を取得したこの技術は、耐久性と軽量化を両立させている。

ペルフォルマンテはまた、新しいALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)システムによる先進的なエアロダイナミクスも取り入れており、使用目的に応じて最適な車両の挙動を実現する。また、最適化されたステアリング・コントロールとマグネライド・サスペンションコントロールシステム、さらにサーキット走行時のクルマの挙動を改善する硬めのスプリングが追加されている。2016年にニュルブルクリンクで同カテゴリーのラップ新記録を樹立し、当時のトップスーパースポーツカーとなった。

2019 ウラカン EVO:”増強された毎日”

ランボルギーニのV10エンジンは、2019年に発売されたウラカン EVOのクーペモデルとスパイダーモデルで、外観とメカニズムの両方が全面的に刷新された。エンジンは640ps/8000rpmの最高出力と、600Nm/6500rpmのトルクを発生した。EVOは、ダウンフォースを向上させるためにフロントエンドを一新し、ディフューザーやリアのエキゾーストとラジエーターの位置は、このエンジンを搭載していたペルフォルマンテから審美的にインスパイアされている。再設計されたリアスポイラーは、前モデルと比較して5倍のダウンフォース向上をもたらし、マグネライドサスペンションはアップグレードされ、電磁電流を使用してドライビングのタイプに適応するようになった。

ダイナミックなパフォーマンスを向上させるために、ランボルギーニ・ダイナミックステアリング(LDS)はランボルギーニ・オールホイールステアリング(LAWS)と組み合わされ、市街地走行を改善し、サーキットではより高速でのカーブを可能にする。新しいインフォテインメントシステムは、ドライバーのステアリングホイール、アクセル、ブレーキのコマンドに基づき、路面の種類や横方向、縦方向の力、クルマに作用する垂直方向の加速度などの外部変数を分析することで、ドライビングモードを予測する機能を備えたランボルギーニ・インテグレーテッド・ビークルダイナミクス(LDVI)テクノロジーと組み合わされた。

2020 ウラカン EVO RWD:”後輪駆動への回帰”

2016年に登場したウラカンの後輪駆動モデルで初めて導入された 「Fun to Drive」のコンセプトは、クーペとスパイダーの両モデルを含むウラカン EVO RWDで改めて強調されている。再設計されたフロントスプリッターは、リアディフューザーにより多くの空気を導く。ランボルギーニは、RWDをより俊敏で楽しいものにするために、LDVIを使用せず、代わりにP-TCS(パフォーマンス・トラクションコントロールシステム)を開発した。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS