「モータースポーツ」の記事一覧 - 18ページ目

さらに車種で絞り込む:

クラシックF1にて日本人初のモナコ優勝を遂げた‭久保田選手の新チャレンジ

新たなチャレンジを始めた久保田克昭、速さも戻りつつあり一歩前進か1960年代後半から1980年代前半のフォーミュラ1と言えば、ファンの間ではゴールデンエイジと呼ばれている。そんな時代のF1マシンが、思いっきりサーキットで...

続きを読む...

VWが電気自動車でパイクスピークヒルクライムレースの最速タイム更新!

31年振りにフォルクスワーゲンが参戦!パイクスピーク最速記録をEVで大幅更新アメリカ・コロラド州パイクスピークでは、現地時間6月24日(日)に96回目となる「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(通称パイクス...

続きを読む...

佐藤琢磨選手がゲストで登場した「POTENZAサーキットミーティング」

ビギナーから上級者まで走る楽しさを身近に ブリヂストンが後援している『POTENZAサーキットミーティング(以下PCM)』はスポーツ走行に慣れた人から初心者までの「誰もがサーキットを楽しく、安全に走る」というこ...

続きを読む...

2000本におよぶピレリタイヤを消費した、過酷な24時間レースの世界

クラスやスティントで異なる作戦&交換作業、使わなかったタイヤはどうなる?今シーズンのスーパー耐久シリーズで、24時間レースの復活とともに、大きなトピックとなっているのがタイヤの変更。コントロールタイヤがF1でもおなじみの...

続きを読む...

24時間を戦い抜く耐久レース、参戦チームが語る「灯火類のこだわり」

クラスで変わるレギュレーション、チームの工夫が随所に施される富士スピードウェイでは50年ぶり、日本国内で見ても10年ぶりとなる24時間耐久レースが、好天に恵まれた6月2日開幕。「ピレリ スーパー耐久シリーズ2018」の第...

続きを読む...

レース観戦以外も楽しめる「SUPER GT」にファミリー連れが多い理由

身近な車種による熱いバトル展開のほかに親子で楽しめるエンターテイメントが充実欧州を中心に人気を集めるF1、アメリカのインディーカーシリーズ、ドイツのDTMなど、モータースポーツファンを惹きつける自動車レース。ここ日本でも...

続きを読む...

18 / 19«...10...171819

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...