「チューニング>セダン」の記事一覧 - 4ページ目

さらに車種で絞り込む:

「トムス」ポン付け電子デバイスで走りが激変

4万円台でパワー&レスポンスアップ!取り付けはカプラーオンと超カンタン走行性能を高めるチューニング。そこから連想するのは、かなりマニアックな加工や高コストか。しかし、トヨタ車のチューニング&カスタマイズ・パーツをリリース…

続きを読む...

【知ってまっか?】ターボを付けるとなぜパワーが出る

自然吸気(NA)エンジンは排気量以上の空気を吸い込めないターボチャージャーというのは、簡単にいえば、空気をエンジンに押し込むためのポンプの役割をする装置。自然吸気(NA)エンジンでは排気量以上の空気を吸い込めないが、ター...

続きを読む...

トヨタの名機”JZ”エンジンをスワップした3台【オートトレンド2017】

サウンド、パワーを両立すべく今や珍しいストレート6で愉しむトヨタが誇る二つの名直6エンジンといえば1JZ-GTE型と2JZ-GTE型。前者は、2.5リットルエンジンをツインターボ化し、当時の自主規制だった280psを発揮...

続きを読む...

V8サウンドを堪能できる「レクサスLS」用スポーツマフラー

低音サウンドを奏でる『ハイパワーブースト』豊かなトルクを発揮するパイプ構造を採用「センスブランド」のマフラーラインナップから、スーパーカーのような甲高いサウンドを望むなら『高響美音』がイチ押し。しかし、高級セダンならで…

続きを読む...

7万円から注文できる世界に1本の「ワンオフマフラー」

好みのデザインとサウンドを実現錆びにくいステンレス製車検対応マフラー現車合わせで世界にただ1本の自分だけのマフラーを製作してくれるのが「エクスアート」だ。自動車メーカーからのパーツ供給が終了してしまった旧車はもちろん、現…

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】塗装でメッキの輝き! 「D2」ブレーキキャリパーに新色

『Glassy』と『超硬質アルマイト』カラフルで質感の高い注目の2カラー!高純度アルミニウムを使用した鍛造モノブロックキャリパーを採用、サーキットから街乗りまで対応する幅広さが人気の「D2」ブレーキシステム。インテックス...

続きを読む...

トヨタ純正オカルト「アルミテープ」購入方法と公道で実装テスト

純正パーツ番号で注文すればカンタンに購入することができるオカルトパーツとも言われた「トヨタ純正アルミテープ」。ボディに貼るだけで、ハンドリングが変わるという。装着車種やドライバーの感度などによって、その効果はあるとかな…

続きを読む...

「接着剤」が窓ガラスをボディ補強パーツに進化させる

ガラス用接着剤「ハイパーシーラント」が参考出品から2年の歳月を経てついに市販化平成27(2015)年の東京オートサロンでさり気なく参考出品されていた「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパー・シーラント』が、HKSプレミアムデ...

続きを読む...

ペダルの踏み間違い事故を抑制する後付け「急発進抑制システム」【動画】

自動ブレーキが付いていない車種でも誤発進防止機能を後から装着できる社会問題化している「アクセルとブレーキの踏み間違い」事故。これを抑制するシステムが「ミラリード」が開発し、全国の「オートバックス」で専売されている『ペダ…

続きを読む...

純正メンバーと交換するだけでボディを補強する「CPM」

輸入車オーナー間で話題沸騰の補強パーツトヨタやレクサス用もラインアップ!『CPM・ロアーレインフォースメント』は「CPM」から発売される補強パーツ。シャーシフレームに装着する純正パーツと付け替える仕組みで、ボディのふらつ...

続きを読む...

吸気効率を高め吸気音も楽しめるインテークパイプ

スポーティな吸気サウンドを演出する『エア・インテーク・スタビライザー』レクサスISやGS、スポーティ系ヨーロッパ車などに純正装着されている『サウンドジェネレーター』。アクセルを踏み込みエンジンの回転が高まったときなど、ス...

続きを読む...

ROWEN新作ボディキットは50プリウスとWRX【東京オートサロン2017】

世界から期待の2車種のキットを日本でワールドプレミア純正パーツに引けを取らないクオリティのパーツを製作する「ロェン」の最新作は、スバルWRX STIとトヨタ50系プリウスのボディキットだ。いずれも発売を熱望されていた車種...

続きを読む...

リアルチタン製マフラーカッター『ドゥD-05』

バンパーとの位置合わせを可能とする2本出しに片側スライド機構を採用埼玉県のプロショップ「ピース」のオリジナルブランド『ドゥ』。車高調やブレーキキットなど本格的な機能パーツをリリースしているが、マフラーカッターのラインナッ…

続きを読む...

燃料代を4割カット!究極にエコなプリウス発見!

安価なLPガスを搭載する燃料タンクを追加ガソリンとの併用で航続距離は1600km!30型プリウスのエンジンをガソリンとLPガスの2つの燃料を使えるバイフューエル方式を採用し、究極のエコカーといえるトヨタ・プリウスを「ケイ...

続きを読む...

4 / 5«...345
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 軽トラに見えない!? 超絶インパクトのデコトラ「キャリイ」【大阪オートメッセ2018】

    彫金を施した芸術的ボディに視線釘付け! 荷台もリフトアップするダンプ仕...

  2. スーパーカーニバル2018に集まったカスタムハイエース&キャラバン【画像ギャラリー】

    派手にフルバンパーorシンプルに。 ハーフスポイラー人気は二分か? ...

  3. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  4. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  5. King of MINIVAN「アルファード&ヴェルファイア」カスタマイズ画像ギャラリー【スーパーカーニバル2018】

    どんなスタイルでも威風堂々 ミニバン王者の風格ここにあり 大阪市・舞...

  6. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  7. 荷物が積めてエアコンも快適♪ 故障知らずな60年代の働くクルマに大変身!

    「ノスタルジックな雰囲気がいい感じ」、 そんなユルさを日本の軽バンに!...

  8. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  9. キャンピングカーも必須!「車中泊を快適にするアイテム5選」

    車体の水平を取ることが安眠への第一歩 車中泊では、車内のシートをフラッ...

  10. 極細「ごんた屋」&スケスケ「AIWA」 両巨頭ブースのキャンギャル夢の競演!【東京オートサロン2017】

    スケスケと超露出で話題の エロコス2ブースが集結! カスタムカーの祭...