「ワゴン」の記事一覧

「古い車の税金が高い」は正しいか否か、厳しい日本の税金制度が意味するもの

旧車増税は日本だけの制度ではない 日本において車齢13年以上のクルマは自動車税や自動車重量税が重課される。いわゆる「旧車増税」と呼ばれる制度だ。これについて「古いものを大切にしないことを政府として良しとするのか」と憤る声.…

続きを読む...

「自動車税の納税猶予」検討されている可能性は?【新型コロナウィルス対策】

自動車税コールセンターに聞いてみた 毎年「4月1日時点の所有者」に納税通知書が届けられる『自動車税』。旧車や大排気量車のオーナーにとっては金額が大きいだけに頭の痛いところだが、今年は新型コロナウイルスの影響で中小企業や自.…

続きを読む...

山椒は小粒でもぴりりと辛い! モータースポーツで勝つために生まれた軽自動車&コンパクトカー5選

いまのクルマにはない”じゃじゃ馬”を操る爽快感 近年はダイハツのトール系を中心に、コンパクトなボディながらも広大な車内スペースを持つ軽自動車やコンパクトカーが人気だ。しかし、レースにジムカーナにラ...

続きを読む...

四十路以上のおじさん感涙「昭和&平成の自動車デート文化」クルマ選びからドライブインシアターまで

クルマは男女の遊びで欠かせないツール「若者のクルマ離れ」という言葉は聞き飽きた感じで、もはや世代間に格差ありあり。それはそれでいいとして、じゃあ、それ以前でのクルマの扱いというか、存在ってどんな感じだったのだろうか。別…

続きを読む...

国内消滅モデルも健在! 日本メーカー発「海外で人気を誇る巨大SUV5選」

海外で人気を誇る、日本メーカー発のSUV 国産メーカーがラインナップするクルマの中には、海外でしか買えない車種が存在する。なかでも狭い日本では運転が難しそうな大きなSUVには魅力的なモデルが見られ、海外で人気が高い。日本...

続きを読む...

小さいのにリアルに再現! 手のひらサイズの本格ラジコンカー「ミニッツ4×4」が京商から登場

実車に近いラダーフレームを採用 ミニカーからラジコンまで魅力的なホビーアイテムを多数ラインナップしている「京商」。同社から生誕20周年を迎えた”ミニッツ”の記念モデルとして登場した「ミニッツ4×4...

続きを読む...

カッコ悪すぎ? デカすぎ? 斬新すぎ? わずか一代限りで消えた悲運のSUVたち 

時代に翻弄されたSUV スポーツ・ユーティリティ・ビークル、略称「SUV」が世界的なブームとなっている。使い勝手の利便性に富んでいるだけあって普段の生活からレジャーにいたるまで、もちろん仕事であれ、役に立ってくれるクルマ...

続きを読む...

タイヤが巻き上げる汚れの付着を抑制! 泥んこ遊びで効果を発揮する「マットブラックフェンダーモール」

ジムニー用チョイ足しアイテム2点も同時発売 モールやステッカー類をリリースする愛工房から60mm幅の「マットブラックフェンダーモール」のほか、スズキ・ジムニー用「ステンレスサイドパネル」と「テールランプポッティングプロテ...

続きを読む...

1 / 312123...102030...»