「ワゴン」の記事一覧

ドライバー専用のサングラス発売へ、赤信号などの見やすさを重視したレンズを採用

レーシングドライバー山野哲也と共同開発 スポーツ用各種アイウエア・眼鏡・光学機器などを製造販売する山本光学は、『ULTRA LENS For DRIVING』シリーズを発売。SWANS直営店、SWANS公式オンラインショ...

続きを読む...

トヨタ「新型ハイエース」アイシン精機の新開発スライドドアモーターを採用

冠水地域を想定したシンプル構造 自動車用パワースライドドアシステムで世界トップシェアを誇るアイシン精機。同社は、2月18日にフィリピンで披露された新型のトヨタ「ハイエース」に、新開発のパワースライドアシステムが採用される...

続きを読む...

歴史がブランドをメジャーにする! ロングセラーな国産長寿車ランキング<後編>

日本社会の戦後復興を下ざさえし続けてきた 戦後経済復興を成し遂げてきた日本では、自動車産業が基幹産業です。国内で自動車が普及し始めてきた1950年代後半から現在まで、存在し続けてきた自動車のブランドには、日本社会の活性化...

続きを読む...

ホイールの大径化は見た目だけ? 「インチアップのメリットとデメリット」

プラス面とマイナス面をどう捉えるべきか ドレスアップの第一歩として多くのユーザーが実施するホイールの交換。ここでキーワードとなるのが、インチアップだ。純正で16インチサイズのホイールを履くクルマに、17インチや18インチ...

続きを読む...

トヨタJPNタクシー改良モデル発売開始!2つのグレードで異なる「快適装備」の差とは

車いす用スロープの設置時間を短縮 トヨタは「JPN TAXI(以下JPNタクシー)」の車いす乗降用スロープを改良するなど一部改良を行い、3月15日より発売した。 JPNタクシーは、車いす乗降用スロープの設置作業が複雑で時...

続きを読む...

風を送ったりイジりすぎはダメ! キャンプの主役「焚き火」正しい火の起こし方とは

天候や気温に合わせマッチとライターを使い分け キャンプでの焚き火や火起こしに不可欠なのがマッチやライターだ。ところが、自然のなかで行うキャンプは、雨も降るし風も吹く。そのような環境下でも、確実な火起こしできるノウハウを…

続きを読む...

マツダが参加型モータースポーツを身近に! ドライビングレッスンを含めた4イベントに協賛

ドライビングレッスンも規模拡大へ マツダは、同社車両のユーザーを対象にした「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー」「マツダファン・サーキットトライアル」「マツダファン・エンデュランス」「ロードスター...

続きを読む...

1 / 235123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...