「ホイール&タイヤ>スポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

トヨタ純正ホイールの「センターキャップ」を自分好みにアレンジしちゃおう!!

デザインやフィニッシュが自由自在!! 自分だけのオーナメントが手に入る “トヨタ主要車種の純正ホイール”と対象は限られるものの、「ブリース」が自由度が高くてバツグンにアピールできるオーダーメニュー...

続きを読む...

ドレッシー鍛造「WALTZ FORGED S5-R」に待望の19インチ登場へ

ハイパフォーマンスとマシニングが織りなすヴァルツフォージドの”魅せる高性能” モータースポーツの頂点であるF1、ル・マン24時間耐久レースをはじめ、様々なカテゴリーにおいて活躍を続ける「レイズ」の...

続きを読む...

コンセプトカーで見る次期「ホイール」のトレンド予想、これから流行るデザインは!?

「オートファッションimp」流スタイルアップ的視線で眺めた東京モーターショー【ホイール編】 クルマそのものに目が行きがちな東京モーターショーですが、スタイルアップ好きの皆さん的には、そのクルマが履いているホイールも気にな...

続きを読む...

エコに貢献! 軽量化の波はついにタイヤへ到達か【東京モーターショー】

燃費や走行性能の向上に期待できる!? 横浜ゴムが25%の軽量化を実現 東京モーターショー2017は、サプライヤーのブースもおもしろい。 そのひとつ、「横浜ゴム」のブースで発見したのは軽量化設計の『BluEarth-air...

続きを読む...

「ウェッズスポーツ」の最新鋳造スポーツは魅せヂカラも抜かりなし

軽さと高い剛性に潜ませた ブラックとカラークリアとの妙技 毎月多くの新作が発表されるアルミホイール。 デザインやカラーなど、その種類は目移りするほど多く、経験豊かなドレスアップオーナーをもってしても、お目当ての一本を選ぶ...

続きを読む...

路面状況に合わせて変形&空気不要で走行可能。タイヤの常識がこれから変わる!?

さまざまな条件に合わせてタイヤ特性を 最適な状態に変化する”未来系タイヤ” 「コンチネンタルタイヤ」が東京モーターショー2017に持ち込んだ『コンチセンス』と『コンチアダプト』は来る自動運転の時代...

続きを読む...

鍛造ならではの仕掛けを投入したBBSの鍛造ハイスペックモデル『FI-R』

高性能車に似合う一切の無駄を削いで生まれた 鍛造スポーツモデルの至宝 海外で先行発売され話題となっていた「BBS」の新作『FI-R』が日本に上陸。フラッグシップであるジュラルミン鍛造『RI-D』をさらに進化させた大胆なス...

続きを読む...

在庫数1000本以上!! 足元のカスタマイズをリードする「フジスペシャルブランド水戸店」オープン

クルマ文化の盛んな北関東地域に ワンランク上のタイヤ&ホイール専門店 全国に展開する販売網と豊富な品揃えで、ドレスアップオーナーを支える「フジ・コーポレーション」。 このたび茨城県では2店舗目となる、『タイヤ&ホイール館...

続きを読む...

【車両総重量1.1倍以下ルール】「社外ブレーキの取り付けができなくなる」は本当なのか

10月1日から適用される車検基準 「車両総重量1.1倍以下ルール」とは!? 10月1日より車検の基準が変わり、社外のブレーキキャリパーやローターを装着したクルマは、車重が1kgでも増えるとアウトになるという噂がある。 い...

続きを読む...

新作グラムライツが手にした「ハイブリッドマシニング」という偉大な武器

ダイヤカット×マシニングによる レイズの特許技術が投入された 鋳造製法の常識を超越した軽さと剛性。そして、メイド・イン・ジャパンならではの卓越したクオリティ。 これら3つのファクターこそ、「グラムライツ」が長年に渡って培...

続きを読む...

誰にも被らず目立つ!セダンやミニバンへ脱定番なスポーツホイール

スポーツVIPへ刺激的な選択肢 ウェッズスポーツ『RN-05M』 取材の場でよく耳にする「人と被らない仕様」という言葉。 それが意味するのはエアロパーツのブランドであったり、ホイールのデザインだったりするワケだが、セダン...

続きを読む...

ブラポリは飽きたという人へ、個性的な色とリムで主張する1ピースホイール

普遍的なラフメッシュに段付き風リムと レッドクリアで他を惹き付ける スポーティ系にはもちろんのこと、シンプル・ユーロなど、あらゆるスタイルにハマってくれるメッシュ。ゆえに選ぶ人も多く、より個性を求めるオーナーにとっては、.…

続きを読む...

美しき鍛造ホイールの造形美をワンプライスで【GATE’S】

『ヴァルケンVS52フォージド』は リム幅やカラーが変わっても同価格! 市場の動向を鑑みて近年は鋳造ホイールに力を入れていた「GATE’S(ゲイツ)」だが、久しぶりに鍛造モデルを発表。東京オートサロンでプロト...

続きを読む...

懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき”古き良き”5本 ホイールといえば、スポーク、ディッシュ、フィン、メッシュの4パターンを基本に、デザインも多種多様。そして近年では、このアフター...

続きを読む...

1 / 9123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON