クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ホンダ新型「ZR-V」の純正アクセサリーを徹底解説! 事前受注3万台超えの大人気車種の納車まで妄想して楽しみましょう
CAR
share:

ホンダ新型「ZR-V」の純正アクセサリーを徹底解説! 事前受注3万台超えの大人気車種の納車まで妄想して楽しみましょう

投稿日:

TEXT: AMW 竹内耕太  PHOTO: AMW 竹内耕太/ホンダアクセス

  • ホンダZR-V e:HEV X〈FF〉純正アクセサリー装着車

新型SUV「ZR-V」は納車待ち1年! 待つ間にアクセサリーをチェックしよう

2023年4月21日にようやく正式発売となったホンダの新型SUV「ZR-V」。4月時点ですでに3万台以上の事前受注を達成したほどの人気ぶりですが、それと裏腹に、今から発注しても納車まで1年以上かかってしまう状況です(5月8日時点の工場出荷時期目処、一部タイプ・カラーを除く)。であれば、愛車に装備するアクセサリーもじっくり検討しておきたいところ。ここでは、ホンダアクセスの純正アクセサリーを満載した仕様のZR-Vを紹介します。

ちょっと大人向けの上質なSUVとして人気沸騰中

ZR-Vは「ヴェゼル」よりワンランク上のクロスオーバーSUVとして登場し、プラットフォームは現行型「シビック」と共通。全長4570mm×全幅1840mm×全高1620mm、ホイールベース2655mmで、実際に乗りこんでみるとドライバーズポジションは一般的なSUVよりもセダンライク、あえてシートに深く身を沈めるような姿勢で、足を前方に伸ばしてペダル操作できるようになっています。ライントレース性の高い走りも相まって、さながら「シビックSUV」といった印象です。

外観もブラックアウトされた「バーチカルフロントグリル」は開口面積も控えめで、質感の内装ともども、シックな大人向けのSUVといった仕上がり。これまでセダンやクーペに乗ってきた人が初めてのSUVとして乗り換えてもネガを感じることはなさそうです。

純正アクセサリー約150万円を満載したZR-V

パワートレインは1.5L直4直噴VTECターボのガソリンエンジンと、2.0L直4直噴エンジンに発電用モーターと走行用モーターを組み合わせるハイブリッド「e:HEV」があり、それぞれFFと4WDがラインナップ。価格は293万2600円~410万3000円(消費税込、以下同)で、ヴェゼルの227万9200円~329万8900円より約70万円ほどプラスの感覚です。

ここでお見せするZR-Vはe:HEV×FFのスタンダード仕様「X」で、車両本体価格は328万2400円。それにホンダアクセスの純正アクセサリーが総額145万9370円分も満載されたスペシャル仕様です。どの装備もこれ見よがしに目立つような類ではなく、言われなければ気づかないようなものがほとんどですが、さりげなく愛車のアクセントにしたり、日々の乗車シーンで静かに満足感を得られる趣向も、ZR-Vの性格にマッチしています。

1 2

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS