クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「サンダーバード」のような謎の近未来マシンの正体は!? レトロ・フューチャー風にカスタムされたシボレー「シェビー」でした
CUSTOM
share:

「サンダーバード」のような謎の近未来マシンの正体は!? レトロ・フューチャー風にカスタムされたシボレー「シェビー」でした

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

他の追随を許さない奇抜さで注目を浴びていた近未来スタイル

カリフォルニアカーライフというスタイルで、アメ車やヴィンテージカーの愛好家たちから絶大な人気を誇るカーカンパニー「MOONEYES(ムーンアイズ)」。そのイベント「横浜ホットロッドカスタムショー」で他を圧倒する存在感を放っていたのが、正体不明の近未来マシンでした。名古屋のローライダーショップ「パラダイスロード」が、ショーカーとして製作した渾身の1台を紹介します。

ヴィンテージのアメ車が大変身

日本のカスタムファンが注目するMOONEYESのイベントで発見したのは、SF映画に出てきそうな近未来マシンだった。コクピットをのぞくと、完全2シーターのキャノピースタイルが未来感を盛り上げている。ドアはハサミのように上方に開くシザーズドアで、荷台はピックアップトラック風のつくりになっている。さらに、その荷台にはバイクまで搭載されていた。見たこともない斬新なスタイルでワクワクさせてくれるこのクルマの正体とは、いったい何なのだろうか。

近未来の乗り物かと思わせる謎のクルマ。美しい流線形のボディというだけでなく、一体成型で生み出されたかのようななめらかなラインが印象的だ。じつは、このクルマの正体は1950年代のアメ車で、ベースとなっている車両はシボレーの「シェビー」だった。名古屋のローライダーショップ「パラダイスロード」が完全なるショーカーとして製作したものだ。

まるでプラモデルのようなワクワク感がある

もともとは2ドアセダンのシェビーが、カスタムの極みを追求すべく大変貌を遂げていた。そのため、大胆にもAピラーはすっぱりと切り取られ、ルーフが取っ払われているのだ。そして戦闘機を彷彿とさせるキャノピースタイルに生まれ変わっていた。キャノピーは、シザーズドアとともに可動式で開閉できる仕組みになっていて、ギミック感のある作り込みに思わず心躍らされてしまう。

SF映画に出てきそうな近未来的スタイルリングは、目新しいのに、どことなくレトロな雰囲気も漂わせているから不思議だ。フルカスタムされているように見えるボディも、よくよく確認してみると、エンジンフードの膨らみやリアフェンダーの形状にシェビーの面影をうかがうことができる。しかしながら、ピックアップトラックに改造されたうえに、奇想天外な見た目のインパクトのおかげで、ベース車を推理しようという興味すら吹き飛ばされてしまうほどだ。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS