「EX90」はまるで「車輪の上に乗ったコンピューター」ボルボ電動化の先駆けとなるBEVは7人乗りSUVで登場! (1/2ページ)

「EX90」はまるで「車輪の上に乗ったコンピューター」ボルボ電動化の先駆けとなるBEVは7人乗りSUVで登場!

最先端技術を駆使した新世代BEVの第1弾

 ボルボは2022年11月9日にスウェーデン本社にて、新たな7人乗り電気自動車(BEV)「EX90」を発表した。ボルボが「多用途でスタイリッシュなファミリーカーであり、現代的なプロポーションを持ち、コアコンピューティング、コネクティビティ、電動化などの最先端技術と組み合わせて、安全性、効率、デザインを最適化した」とする新世代のフラッグシップSUVだ。

将来の自動運転技術に対応したハードウェア

 2030年までに販売モデルのすべてをBEVとし、2040年までにクライメイト・ニュートラル(気候中立)な企業になることを目指しているボルボ。それを実現するべく、毎年1台ずつのBEVを発表していくことを宣言している。EX90はその最初のモデルとして登場した。

 ちなみに、クライメイト・ニュートラルは二酸化炭素を含むすべての温室効果ガスを対象に、製造工程などでの排出量を代替措置やほかの活動で削減・吸収することで、その排出量を実質ゼロとすることを目指す、というものだ。

【関連記事】日産「GT-R T-spec」が1/18スケールで登場! モデルカーなら2万2000円で手に入る

ボルボのBEV第1弾「EX90」

 EX90にまず登場するモデルはツインモーターの4WD仕様で、111kWhのバッテリーを搭載。一充電あたりの航続距離を最大600kmとし、システム合計の最高出力は517ps、最大トルクは910Nmとしている。また、バッテリーの電力で家庭の電力をまかなうV2Hや、ほかのEVに充電することも可能とした初のボルボモデルでもあるということだ。

 ボルボが得意とする安全装備は、これまでのどのボルボ車より高い安全性と同社がうたうレベルとなっている。最新のLiDAR(レーザー照射の反射光の情報をもとに対象物の形状や距離などを計測する技術)やカメラなどをコアコンピューターに接続することで、リアルタイムに360度ビューを表示。その最新レーダーやカメラは、ステアリングサポートをはじめとした運転支援機能パイロットアシストの信頼性や機能向上に寄与する。

 さらに、それらのセンサーにより、将来の自動運転技術に対応したハードウェアを備えた最初のボルボ車になっているという。その安全システムやインフォテイメント、バッテリー管理などはコンピューターで制御され、OTAにより定期的なソフトのアップデートが行われることとなる。

 また、独自開発したアルゴリズムにより、ドライバーの視線の集中度を測定し、注意力散漫や眠気などに対し警告を発してくれる。さらに居眠りや体調不良の際には、車両を自動で停止して、SOSを発してくれる。