クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • スバル車が日本のチューニング界を支えてきた!? なぜこだわりオーナーから支持されるのか人気の理由を考察しました
CLASSIC
share:

スバル車が日本のチューニング界を支えてきた!? なぜこだわりオーナーから支持されるのか人気の理由を考察しました

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: SUBARU/AMW編集部

スバリストが日本のアフター業界をずっと支えてきた

 チューニングカーと言えば、「スカイライン」シリーズを代表とする日産や、「AE86」で知られるトヨタ車、「RX-7」のマツダ車も人気だが、根強く日本のチューニング業界を支えてきたのはズバリ、スバリスト。

 スバルは決して販売台数が大きいメーカーではないが、カスタマイズというフィールドでは中心とも言えるほどの人気を保ってきた。スバル車が愛される理由はいくつかあるが、特徴的なメカニズムに古くからのファンも多いのだ。

スバルが人気の理由1 水平対向エンジン

 スバルの普通車がこだわり続けているのが水平対向エンジン。今や、水平対向にこだわるのはスバルとポルシェだけ! というちょっとマイナーなエンジンレイアウトだ。

 直列エンジン以外ではV型エンジンが多いが、水平対向はその名の通りヘッドが左右に分割されている。メリットとしては重心が低くなりやすいが、そもそもドライサンプではないからオイルパンが下にくるので、じつはそれほど搭載位置は下げられない。エキゾーストもエンジン下側に取り回すので、これもエンジン位置を下げられない原因のひとつになる。

 しかも、エキマニが不等長になりやすく、それによって排気干渉が発生する。GDB型「インプレッサ」などではドロドロという独特の排気音が特徴的だった。

 しかし、そういったデメリットがあるからこそ、ちょっと手を加えれば格段に良くなってくるのも確かだ。等長エキマニにすると音は普通になるが、排気干渉が抑えられることでトルクを引き出すことが可能だ。

 そもそもEJ20エンジンではもともとのトルクが薄いので、インテークを高効率なものにして、エキマニを変えて、マフラーも変えてとやっていくと、グイグイとその効果が体感できる。打てば響くのがスバル車なのだ。

スバルが人気の理由2 軽量で剛性に優れるボディ

「レオーネ」や「レガシィ」から、インプレッサ、「WRX」シリーズ、そして「GR86/BRZ」へと続く軽量なボディもスバルの伝統のひとつ。

 基本的に小型なボディで剛性はありつつ、そこそこ軽量に仕上げられる。そこに水平対向エンジンをマウントすれば、それだけで結構なコーナリングマシンが出来上がるのだ。

 しかも、そのハンドリングが痛快。リア駆動をベースとするようなソリッドなフィールで、剛性がすごく高いわけではないが、スポーティさはかなり高い。

 サスペンションはGDBの世代までは4輪ともストラット式だった。リアがストラット式なのはWRCのラリーシーンが前提でメンテナンス性などを考慮したようだが、市販車の乗り心地的にはかなりハードな面があった。しかし、その後のGRBやGVB、VABシリーズや86/BRZなどではリアがマルチリンク化されて一気にグレードアップ。ややストローク量が短い面があるが、基本的にはかなり上質な味つけが可能になった。過去の良さを継承しながら、徐々に進化し続けているのだ。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS