クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 646馬力を駆って世田谷名所「豪徳寺」へ! シボレー「コルベットZ06」は奥様も夢中にするモンスターマシンでした【世田谷マダムのクルマ探訪記】
LIFE
share:

646馬力を駆って世田谷名所「豪徳寺」へ! シボレー「コルベットZ06」は奥様も夢中にするモンスターマシンでした【世田谷マダムのクルマ探訪記】

投稿日:

TEXT: AMW 樋口佳子(HIGUCHI Yoshiko)  PHOTO: AMW 樋口佳子

世田谷の名所「豪徳寺」探訪の相棒はコルベットZ06

東京の世田谷在住である筆者が、クルマの魅力と世田谷などの街の魅力を融合させた情報を主婦目線で発信するのが本企画です。諸事情により“不動車”と化している筆者の愛車に代わって今回の相棒となったのはシボレー「コルベットZ06 COUPE 3LZ 」。まず初回として訪れたのは筆者のご近所でもあり、招き猫で有名な“映えスポット”にもなっている「豪徳寺」です。モンスターマシンな相棒とともに探訪記をお届けします。

歴史ある名所と最新のスーパーカーというギャップ

筆者の愛車が“不動車”と化している事情は置いておいて、せっかく世田谷を取材するなら高級車が映えるのではとなり、そこで浮上したのがなぜかコルベットZ06。たしかに価格もスペックも間違いなくスーパーカーではあるけれど……と筆者が疑問をはさむ余地なく、編集会議で「(筆者の愛車と)同じミッドシップだからいいんじゃない?」とのひと言で決まったのでした。

まずは世田谷名物の酷道攻略

区民でなくても酷道として割と知名度のある世田谷の道路事情。高級住宅街というブランドイメージとは真逆に、今も畑の広がる田園風景が残っているのが世田谷なのです。そんな田舎っぽいのんびりしたところもまた世田谷の魅力ですが、それゆえに旧くからある地域というのは現代の自動車事情に合わない激狭の路地が入り組んでいるもの。知らずに裏道に入るとドライバー泣かせの道が数多く潜んでいるのでご注意を。

さっそく豪徳寺で招き猫の福にあずかるべくコルベットで参詣して参りました。豪徳寺の参道は松林が立ち並ぶ荘厳な風景となっています。近隣は住宅街になっているので、普通に車両が通行することができるのです。コルベットZ06で参道に差し掛かると、いきなり世田谷の裏道あるあるに遭遇することに。ちょうど反対側からアルファードが対向してきたのです。クルマ2台分ギリギリの広さの参道ゆえに、一瞬、全幅が2025mmもあるビッグボディが頭をよぎったものの、そこはあちらも慣れたもの。譲り合いの精神があれば無問題です。激狭路地での高級車同士のすれ違いは世田谷名物のひとつといえますね。

招福猫児のお寺

豪徳寺は招き猫の発祥の地として知られています。その由来となったのは、鷹狩り帰りの殿様が、お寺の門前にいた猫に手招きされて立ち寄ったというお話。その猫のおかげで殿様は突然の雷雨を避けられ、和尚との話を楽しむことができたそう。その幸運にいたく感動した殿様こそが彦根藩主の井伊直孝だったのです。豪德寺では、福を招いた猫を「招福猫児(まねきねこ)」と呼び、お祀りする招福殿が建てられました。

招福猫児奉納所では大小さまざまな招福猫児の大群にお目にかかれます。奉納する決まりは特にないそうですが、招福猫児にこめたお願いごとが叶った後に奉納する人が多いのだとか。猛暑の中でもひんやりとした空気が漂うお寺のなかで、福に満ちた表情の猫たちに囲まれていると、なんとも言えない幸福をいただけた気がしました。

寺務所では、奉納所で見た招福猫児が特大サイズから極小サイズまで購入することができます。人気のせいで品切れのサイズが多かったのですが、なんとか無事に2匹だけお迎えすることができました。ちなみに、今後は本企画の相棒として活躍してもらうつもりの猫たちです。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS