クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 「羊の皮を被った狼」や「ネコ脚」とは!? クルマ業界のちょっぴり変な表現を徹底解説します
LIFE
share:

「羊の皮を被った狼」や「ネコ脚」とは!? クルマ業界のちょっぴり変な表現を徹底解説します

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: Stellantis/日産自動車/武田公実/AMW編集部

  • スポーツサルーンの名作マーク2から発展したSタイプ
  • ジャガーXJの50周年記念ポスター
  • 1964年の日本グランプリを戦うスカイラインの勇姿
  • 1964年の日本グランプリのスタート前のグリッド
  • 1964年の日本グランプリでスカイラインはポルシェの前を走った
  • プリンス スカイライン2000GT
  • プジョー504
  • ジャガーXJの50周年記念ポスター

クルマ業界でよく聞くけどじつは変な表現を解説

雑誌、あるいはWEBマガジンなどの自動車関連メディアではよく目にしつつも、一般的にはあまり見ることのない言葉というものは、たしかに存在する。これからいくつかの例を挙げ、その由来や意味について解説させていただくことしよう。

「羊の皮を被った狼」

もとをただせば新約聖書のマタイ伝7章15節に記された「a wolf in sheep’s clothing」あるいは「a wolf in a lamb’s skin」という言葉。親切そうに振舞ってはいるものの、内心ではよからぬことを考えている人物のたとえである。

つまりは決して誉め言葉ではないのだが、とくに昭和の日本自動車界では、一見おとなしいセダンなのにスポーツカーはだしの高性能を持つクルマに対する、最大級の賛辞として頻用されていた。

自動車界における「羊の皮を被った狼」の起源については諸説があるそうだが、いずれの説を採るにせよ最初にそう呼ばれたクルマが、1964年に登場した「プリンス スカイライン2000GT」であるのは間違いないだろう。

元祖スカイラインGTは、2代目スカイライン1500のホイールベースとノーズを伸ばし、プリンスの上級車「グロリア」用G7型直列6気筒SOHCユニットを詰め込んだ、かなり強引な成り立ちのスポーツセダン。ホモロゲート用に作られた最初の100台には、3基の伊ウェーバー社製キャブレターがオプション装着された。また、翌1965年2月に発売された量産モデルでも、高性能版として分離された「2000GT-B」にトリプル・ウェーバーを継承。当時の国産車としては、群を抜いた高性能モデルとなった。

日本グランプリでの活躍が起源

そして、この表現のはじまりについてのもっとも有力な定説は、1964年5月に開催された「第2回日本グランプリ」にて、同じ2000ccながらFIA-GTカテゴリーに属する生粋のレーシングマシン、故・式場壮吉氏の駆るポルシェ「904GTS」を向こうに回し、生沢 徹氏のスカイラインGTが一時的とはいえトップを快走したさまを、故・三本和彦氏が、東京新聞にて取り上げた際にタイトルとして引用したのが端緒……、というものである。

ただしこの新聞記事については、当時のプリンス自動車広報部から「わが社の労作を狼よばわりするのは……」という抗議を受けた、というエピソードまでオマケについていたとのことながら、その後プリンス自動車からスカイラインを引き継いだ日産自動車では、「羊の皮を被った狼」という表記を、オフィシャルの場でもかなり積極的に使用していたとのことである。

そして同じ表記は、1960年代のフォード「コルティナ ロータス」から1980~90年代のBMW M各モデルなどの輸入車にも引用され、さらに現在の自動車メディアにおいてもその残り香が感じられることもある。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS