クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 150台限定! BMW「M3」最後のMTモデルは1420万円で登場。初代DTMマシンを彷彿とさせるゴールドのホイールです
CAR
share:

150台限定! BMW「M3」最後のMTモデルは1420万円で登場。初代DTMマシンを彷彿とさせるゴールドのホイールです

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: BMW

  • 照射範囲が長くなるBMWレーザーライトを採用する
  • 限定モデルは、最高出力480ps/最大トルク550Nmを発揮する3L直6ターボエンジンを搭載
  • 鍛造アルミホイールは初代DTMマシンを彷彿とさせるゴールドとなる
  • メリノレザーのMスポーツシートにはレッドのアクセントが入る
  • カーボンルーフを標準装備とした
  • リア・スポイラーだけでなく、サイドミラーキャップやテールパイプもブラックとなる
  • カーボントリムでスポーティさを演出する
  • Mラインの入ったMシートベルトを装備
  • ボディカラーはブラック・サファイア、Mブルックリン・グレー(メタリック)、アルピン・ホワイトの3色を用意
  • インテリアはベースモデルと同様の仕立てに
  • 限定モデルは、最高出力480ps/最大トルク550Nmを発揮する3L直6ターボエンジンを搭載

最後のMTモデルが登場

BMW M社が手掛けるハイパーフォーマンスモデル「M3」に150台限定の「M3 MT ファイナルエディション」が登場しました。ネーミングの通り、M3で最後のMTモデルとなる“貴重”なモデルです。注文数が上回った場合には抽選で2024年5月末までに当選者を決定するという特別なM3を紹介します。

初代のDTM初優勝35周年を記念した限定車

BMWは2024年3月、Mハイ・パフォーマンス・モデルのM3にマニュアル・トランスミッション(6速MT)を搭載した限定車「M3 MT ファイナルエディション」を発表した。国内で150台の限定となっており、注文数が上回った場合には抽選で2024年5月末までに当選者を決定するという。車両価格は1420万円(消費税込・以下同)。なお、ボディカラーはブラック・サファイア、Mブルックリン・グレー(メタリック)、アルピン・ホワイトを用意、各50台が販売されることとなっている。

BMW M社が開発する高性能モデル「M3」は、サーキットでの本格的な走行を可能とするMハイ・パフォーマンス・モデルながら、4ドアセダンとして日常での実用性も両立させた1台だ。限定車は1986年に登場した初代M3(E30型)が、1989年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)において初優勝を飾ってから35周年を記念して製作されるモデルであるという。

欧州で人気を博していたツーリングカーレース参戦を目的に、3シリーズをベースとして開発されたのが初代M3だ。1986年に、量産車とモータースポーツ仕様を並行して開発した、そのE30型のM3が登場。最高出力215psの2.3L直4エンジンに5速MTを組み合わせていた。現行モデルとなるG80型の6代目は2021年に登場し、M3初の4WD(xDrive)搭載モデルをラインアップしたほか、こちらもM3初となるツーリングが登場している。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS