クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ロータス初オール電動SUV「エレトレ」は2332万円から! 0-100キロ加速は2.95秒とスーパーカー並の速さ
CAR
share:
ロータス初オール電動SUV「エレトレ」は2332万円から! 0-100キロ加速は2.95秒とスーパーカー並の速さ

ロータス初オール電動SUV「エレトレ」は2332万円から! 0-100キロ加速は2.95秒とスーパーカー並の速さ

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: LCI Limited

ロータス初となるオール電動SUVが登場

75年にわたりピュアスポーツカーを世に送り出してきたロータスから、そのテクノロジーとDNAを受け継いだピュア・エレクトリック・パフォーマンスSUVの第1弾となる「エレトレ」のジャパンプレミアが2023年9月1日に行われた。デリバリーは2024年夏以降を予定している。

新世代にアピールする新時代のロータス

ロータスの伝統に則って「E」で始まる「エレトレ(Eletre)」の車名は、東欧のハンガリー語では「Coming to Life(命を吹き込む)」を意味する。その名のとおり、エレトレはロータスの歴史の新たな幕開けであり、つまり初のEVおよびSUVの始まりを示している画期的な車種なのだ。

これまでにないファミリー向けのロータスは、実用的で日常から趣味やアウトドアまで、あらゆる用途に対応し、かつ広々とした室内空間を確保したハイパーSUVである。つまりこれまでのロータス・カスタマーとは全く違う新世代の顧客にもアピールするモデルとなっている。

グレードは、エレトレ、エレトレS、エレトレRの3バージョンが用意された。また、パワートレインは2パターンから選択可能で、エレトレ/エレトレSは最高出力450kW・603hp、最大トルク710Nm、最高速度258km/h。エレトレRは最高出力675kW・905hp、最大トルク985Nm、最高速度265km/hというスペックを誇る。

この内、日本に導入されるのはエレトレS(車両価格2332万円・消費税込)、エレトレR(車両価格2585万円・消費税込)の2ラインアップとなる。

75年のブランドの歴史に裏打ちされたパフォーマンスとデザイン

ロータス史上最も先進的なクルマでありながらも、エレトレはこれまでのすべてのロータスと同様に、乗り心地やハンドリング、敏捷性において高いパフォーマンスを発揮することに変わりはない。そして、それはエクステリアにおいても同様で、ロータスの75年にわたるスポーツカー・デザインのDNAを継承したその姿は、SUVという枠を超えてハイライディング・スポーツカーといった印象のフォルムに仕上がっている。

気になるエレトレの電動性能は、最大600kmの航続距離、わずか20分で10~80%の充電を完了させる急速充電、0-100km/h加速は2.95秒(モデルR)となっている。さらに、2つの電気モーターがもたらす瞬発的なトルクと全輪駆動のトラクション、そしてアクティブエアサスペンションによって、ロータス・オーナーに新しいドライビング体験をもたらしてくれる。

自動車業界はいま新たな電動化時代を迎え、ロータスというブランドにおいても劇的な変革の途上にあり、すでにロータスのスポーツカーはエミーラが最後の内燃機関車となることが決定している。そのような時代にあって、エレトレはロータス初のオール電動ハイパーSUVとして、より重要な意味を持つ象徴的な存在なのだ。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS