クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「ハイエース」を移動式ガレージに! ナローボディでもバイクのトランポ仕様にできるノウハウを紹介します
CUSTOM
share:

トヨタ「ハイエース」を移動式ガレージに! ナローボディでもバイクのトランポ仕様にできるノウハウを紹介します

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)

  • 勇ましいフロントフェイスが人気のオリジナルボンネットを装着する
  • ハイエースの内外装アイテムやコンプリートカー販売を行う GR8 STYLEが手掛けた
  • リアはアンダーライナーを組み合わせている
  • バイク置き場となる中央のみアルミサイディングを施す
  • ブラックスチールのリアウインドラックをセットし、頻発に使う道具を吊り下げ固定できるようにしている
  • GLADスイングトレーをセットしてヘルメット置き場や小物を置くスペースとして活用
  • リアデッキテーブルを足元に配置し、メンテナンスに必要な道具の収納庫としても使える仕様に
  • バイクの固定はフロントホイールクランプスタンドをセットする
  • レールを追加することでキャップやグローブ、衣類を吊り下げられる
  • リアシートはすべて取り外し、運転席と助手席の2脚のみを残すことでスペースを確保する
  • 運転がしやすいナローボディをベースにしているのもポイント
  • 搭載するバイクは、GR8 STYLE社長のコレクションである往年の名車カワサキ Z1

使い勝手の良さはお墨付き

ハイエースの内外装アイテムやコンプリートカー販売を行う「GR8 STYLE」が、乗り物好きの趣味である自転車やバイクに特化させたカッコいいトランスポータースタイルを大阪オートメッセ2024(以下OAM)で提案しました。まだ試作段階ということですが、その完成度はとても高く、まさに男の憧れ移動式ガレージでした。

GR8 STYLEのトランスポータースタイル

近年、トヨタ「ハイエース」のカスタマイズシーンで注目されているのが、趣味の道具を愛車に積み込み、まるで移動するガレージあるいは自分だけの秘密基地として作り込む空間演出だ。車中泊仕様として、またキャンプ道具やフィッシングツール等を使いやすく配置するカスタマイズを筆頭に、広い室内を利用して自分の趣味を詰め込んだ「夢BOX CAR」作りに注目が集まっている。

OAMに出展したハイエース「GR8トランスポーター スタイル」は、ハイエースのワイドボディではなく、運転がしやすいナローボディをベースにしている点もポイントだ。ワイドボディの広い室内であれば、かなりのものを載せられるが、ハイエースの標準ボディ・標準ルーフのスーパーGLグレードとなるナローボディではそういうわけにはいかない。天井も低く、室内幅も狭いため、当然搭載できるアイテムは限られる。そうした必要不可欠なパーツをどのように配置し組みこむか、トランスポーター化の課題になっていた。

「GR8トランスポーター スタイル」は、バイクを載せることを前提として提案されている。搭載しているバイクは、GR8 STYLE社長のコレクションである往年の名車カワサキ「Z1」だ。しかもフツーのZ1ではなく、こちらもきっちりカスタムしてあり、タンクには和柄のカスタムペイントを施し、アップハンドルにマーシャルライト、FCRキャブレターにキャストホイールを組み合わせた玄人好みの仕上げになっている。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS