クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 【日本限定40台】全車右ハンのシボレー「コルベット」特別仕様登場!「真っ赤なインテリア」が1740万円、「ブルーのストライプ」が1510万円から
CAR
share:

【日本限定40台】全車右ハンのシボレー「コルベット」特別仕様登場!「真っ赤なインテリア」が1740万円、「ブルーのストライプ」が1510万円から

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: GM JAPAN

  • ブラックを基調としたエディション・サーヴ・ワンのインテリア
  • クーペ2LTがベースとなるエディション・サーヴ・ワン
  • 日本初採用のホイールを装着するエディション・サーヴ・ワン
  • イエローのブレーキキャリパーが特徴的なヘリテージ・エディション
  • 伝統的なアメリカンスポーツの先駆けとなったC1 コルベット
  • C1 コルベットのレッドインテリア
  • かつて試作された幻のミッドシップマシン CERV I
  • CERV Iと並ぶコルベット開発の父であるゾーラ・アーカス・ダントフ
  • 深みのあるグレーカラーが特徴的なヘリテージ・エディション
  • 鮮やかなフルレザー内装で表現するヘリテージ・エディション
  • 幻のミッドシップマシンをモチーフにした エディション・サーヴ・ワン

全て右ハンドルを採用した日本市場だけの40台

シボレー「コルベット」から、アメリカンスポーツカーの伝統と魂を表現した2つの限定モデルが発売されました。2つのエディションにそれぞれクーペとコンバーチブルの、計4バージョンが用意されます。全て右ハンドルを採用し、日本市場だけの計40台となるスペシャルモデルはどのような仕様なのでしょうか。

日本初採用のホイールを装着

初代「C1 コルベット」のデビューから70年以上の歴史を持ち、世界中のモーターファンを魅了し続けるスーパースポーツカー、シボレー「コルベット」。その伝統と走りの魂を具現化した2つの特別限定車「エディション・サーヴ・ワン(EDITION CERV I)」と「ヘリテージ・エディション(HERITAGE EDITION)」が登場した。全国のシボレー正規ディーラーネットワークにて販売が始まっている。

それぞれのスペシャルモデルを見ていこう。エディション・サーヴ・ワンは、かつて試作された幻のミッドシップマシン「CERV I(シボレー・エンジニアリング・リサーチ・ビークル)」をモチーフに、エッジブルーのストライプが卓越した走りを象徴する。またミッドシップの最新型コルベットに、コルベット開発の父であるゾーラ・アーカス・ダントフの魂を重ね合わた。他にも日本初採用のホイールやエッジイエローのブレーキキャリパーが、特別な1台であることを印象付けている。

もう1台は、真っ赤なインテリアと深みのあるグレーのエクステリアカラーを組み合わせたヘリテージ・エディションだ。伝統的なアメリカンスポーツの先駆けとなったC1 コルベットは、全車に真っ赤なレザーが採用されていた。その伝統と情熱にオマージュを込め、鮮やかな「アドレナリンレッド ディップド」のフルレザー内装で表現する。エクステリアには、日本初採用の「シーウルフグレー トライコート」を導入。メタリック粒子と3層ものペイントコートが生み出す、独特の質感と深みのあるグレーカラーがさまざまな表情で見る者を魅了する。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS