クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 遅れてきたバブルな「90年代デートカー」は高級路線に!「フィガロ」「ラシーン」のパイクカーも人気でした
CLASSIC
share:

遅れてきたバブルな「90年代デートカー」は高級路線に!「フィガロ」「ラシーン」のパイクカーも人気でした

投稿日:

TEXT: 青山尚暉(AOYAMA Naoki)  PHOTO: AMW編集部

ゆったりとドライブを楽しむ人が多かった90年代のデートカー

1980年代後半のバブル期に多くのデートカーが登場し、若者のドライブデート(女の子の送迎!?=アッシー)が盛り上がったことは、歴史的にも間違いない事実。そこにはトヨタ「ソアラ」、日産「シルビア」、ホンダ「プレリュード」、トヨタ「セリカGT-FOUR」、そして輸入車のBMW「3シリーズ」などが勢揃いしていた。では、バブルが崩壊した1990年代に、デートカーは存在したのだろうか。

予算をふんだんにかけたクルマが多かった!

考えてみれば、1990年代に登場したクルマの企画・開発時期は1980年代後半のバブル真っ盛りの時期。つくる側もバブルの波に乗って予算をふんだんにかけ、デートにバッチリないいクルマをつくろうとしていたことは間違いないところ。

その代表格が、1989年デビューのトヨタ「セルシオ」(海外ではレクサスLS)だ。そのトヨタ最上級サルーンとしての完成度の高さ、世界を驚愕させた静粛性は、その後の世界の上級サルーンのお手本になったぐらいの成功作と言っていい。

当時のお金持ちや小金持ちがこぞって乗っていたクルマだが、じつは1990年代に入って大ブレーク。その理由は、新車はもちろん1990年代中期からは中古車が出始め、若者にもなんとか手の届く存在になったのである。そして超高級な、婦女子を酔わす(車酔いという意味ではありません)最上のデートカーとして君臨したのである。当時の六本木、青山、銀座、赤坂にセルシオがあふれかえっていたことを今でも覚えている。

トヨタ セルシオ

トヨタの勢いは止まらず、バブル期に開発が始まったはずのトヨタ「アリスト」(海外ではレクサスGS)は1991年に登場。ツインターボ280psでブイブイ言わせていたドライバーの横には、必ずといっていいほど女性が座っていたはずである。

とはいえ、上記の2台はバブルで儲けたある程度の予算がある、あるいは親の金でクルマが買えた若者に限られた高級デートカーだ。

一般的な若者がデートカーとして買うには、新車はもちろん中古車でもさすがに厳しい。しかしバブルが崩壊してもデートカー需要はバブルの名残でまったく衰えることを知らなかった。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS