クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • マセラティがV8エンジン生産終了! 「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」のV8最終章を北イタリアの雪上で堪能しました
CAR
share:
マセラティがV8エンジン生産終了! 「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」のV8最終章を北イタリアの雪上で堪能しました

マセラティがV8エンジン生産終了! 「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」のV8最終章を北イタリアの雪上で堪能しました

投稿日:

TEXT: 西川 淳(NISHIKAWA Jun)  PHOTO: Maserati S.p.A.

  • ギブリ トロフェオ。0−100km/h加速は4.3秒。ローンチコントロールを備えたコルサモードも備える
  • ギブリ トロフェオ。現行モデルは2013年に登場、ハイブリッドやディーゼルなども用意されていた
  • クアトロポルテ トロフェオ。すでに国内での現行トロフェオのオーダーは終了している
  • クアトロポルテ トロフェオ。現行モデルは2013年に登場、トロフェオは高性能トップグレードとして2020年に追加設定された
  • レヴァンテ V8 ウルティマ。2023年7月に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、ギブリ334ウルティマと共に発表された
  • レヴァンテ V8 ウルティマ。5000GT以降、10万台以上が生産されたV8エンジン搭載モデルの最終章を飾る “マセラティのコレクターズアイテム”と謳われる2台の限定モデル
  • レヴァンテ V8 ウルティマ。トリプルサイドエアベントの上部にはモデル名が刻まれる
  • ギブリ334ウルティマ。モデル名の334は最高速度を表す
  • ギブリ334ウルティマ。センターコンソールには限定モデルのプレートが備わる
  • 世界限定206台となるラグジュアリーSUVの限定モデル
  • 最高出力580ps/最大トルク730Nmを発揮する3.8L V8ツインターボエンジン
  • クアトロポルテ トロフェオ。全長5262mmのスポーティなラグジュアリーサルーン。0−100km/h加速は4.5秒とされた

V8エンジンの生産が2023年をもって終了

マセラティ向けにフェラーリが供給していたV8エンジンの生産が2023年をもって終了しました。限定モデルを含めた、最後のV8エンジンを搭載する「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」に北イタリアで雪上試乗。一抹の寂しさと共に、半端なく大きなエンジンの熱量を感じてきました。

マラネッロ製V8エンジンはこれが最後

マセラティ向けにマラネッロ(=フェラーリ)が供給していたV8エンジンの生産がついに2023年12月をもって終了した。納入されたエンジンのあるかぎり、マセラティのV8モデル(ギブリ、レヴァンテ、クアトロポルテ)は生産されるけれども、おそらく24年中にはそれらの販売も終了することだろう。後に詳述するけれども、2023年のグッドウッドでは“最後のV8”を記念するギブリとレヴァンテの限定車も登場している。

マセラティ製のV8モデルとして最初に登場したのは幻の名車5000GT(ティーポ103)だ。フェラーリの高級グラントゥーリズモと変わらぬ超高級車で、幻と言われる所以は60年代初頭にかけてわずか34台しか生産されなかったため。戦前から熱心にモータースポーツ活動を続けてきた高級車メーカー・マセラティにとって、その時まだフェラーリは戦後に現れたポッと出の新興メーカーにすぎなかった。そんな老舗も紆余曲折あって90年代末にはフェラーリ傘下となってV8エンジンを供給されるように。歴史の皮肉というものであろう。

最後となったマラネッロ製V8エンジンは13年からギブリやクアトロポルテに搭載された3.8リッターツインターボで、型式名こそF154とフェラーリ用モデルと同じながら、クランクシャフトはフラットプレーン式ではなくクロスプレーン式、潤滑システムもドライサンプではなくウェットサンプだ。

マセラティは今後、自社開発したV6エンジンのネットゥーノとフルバッテリー駆動を主軸にモデル展開していくと見られており、V8エンジンを積んだ市販ロードカーは今買えるクアトロポルテ、ギブリ、レヴァンテが最後になりそうだ。

なかでも注目は最終限定車として登場したギブリ334ウルティマとレヴァンテV8ウルティマで、前者は世界限定103台(ペルシャブルー)、後者はネロ・アッソルト(黒)とブルー・ロワイアル(青)の2色でそれぞれ103台ずつ計206台だ。

ちなみに103という数字は5000GTのプロジェクト名であり、34は生産台数、そしてギブリのペルシャブルーは5000GTのコンセプト(レース用V8エンジンを積んだ豪華なGTカー)を考え最初にオーダーしたイラン国王の1号車にちなんだボディカラーだ。334はセダン最速となる最高速度334km/hのWミーニングでもある。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS