クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • マツダ「サバンナRX-7」はグリーン! 車名とリンクするボディカラー5色:黄、赤、青、橙で何を思い浮かべる?
CAR
share:

マツダ「サバンナRX-7」はグリーン! 車名とリンクするボディカラー5色:黄、赤、青、橙で何を思い浮かべる?

投稿日:

TEXT: 藤田竜太(FUJITA Ryuta)  PHOTO: AMW編集部/スズキ

イメージカラーが刷り込まれていたクルマを紹介

クルマのボディカラーは、ホワイト、ブラック、グレー、シルバーの4色だけで、全体の8割以上を占めるといわれている。多様化が叫ばれて久しいが、クルマのボディカラーを見ただけでも、多様化社会の実現にはまだまだ時間がかかりそう……。中古車ではなかなかボディカラーまでは選べないのだから、新車で買うときぐらい、自分好みの個性的なカラーを選んだ方が楽しいのに、と思うのは大きなお世話だろうか? そうした中、上記の4色以外のカラーがアイデンティティとなっていたクルマがある。ここではそうしたレアな車種にスポット当てて紹介していくことにしよう。

黄色がイメージカラーだったクルマたち

スーパーカーなら黄色が似合うクルマも少なくないが、国産車となるとかなり車種が絞られてくるが皆無ではない。まず思い浮かぶのは、ホンダ「ビート」。ピニンファリーナが一枚噛んでいるといわれるデザインはいま見ても完成度が高く、その国産車離れしたフォルムには、「カーニバルイエロー」がよく似合う。血統的に、ホンダ「S660」もイエローがマッチする一台だ。

さらにダイハツ「コペン」の初代なども、イエローのイメージがあるクルマ。社内のデザインで、山本叔弘が担当。一番売れたのは、シルバーだったかもしれないが、インパクトがあったのは、初代も二代目もジョーヌイエロー。ちなみに「ジョーヌ」はフランス語で「黄色」の意味なので、「ジョーヌイエロー」は「黄色×黄色」だった。ダイハツ コペン

もう一台は、スズキ「スイフト」。スズキの四輪車のワークスカラーはイエローで(バイクはブルー)、2002年に初代スイフトでJWRCに参戦しはじめたときも、イエローを採用。初代スイフトスポーツのイメージカラーもそのまま「ブリリアントイエロー」となった。2代目スイフトスポーツからは「チャンピオンイエロー」と呼ばれている。

緑色がイメージカラーだったクルマたち

グリーンはなかなか珍しいパターン。筆頭は、S13型日産「シルビア」のライムグリーン。グッドデザイン大賞を受賞し「アートフォース・シルビア」のキャッチフレーズが与えられた未来的なスタイルには、ライムグリーンツートンがよく似合った。

それから初代マツダ「RX-7」(SA22C)の「マッハグリーン」。同じく3代目「デミオ」の「スピリティッドグリーンメタリック」も、マツダ公認のイメージカラー。3代目「ルーチェ」もグリーンのイメージがあったし、マツダはグリーン好きのメーカーかもしれない。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS